アメリカの大学院留学の単位

アメリカの大学院留学の単位

アメリカの大学院留学の単位 アメリカの大学院留学でも日本と同じく単位制で、最初にそれぞれのコースで決まっていて履修クラスがその数を満たしたら卒業になって修士号が得られます。
通常は1週間の授業時間のことで、例えば4なら週に4時間の授業があることになります。
アメリカだと1学期の数は12程度で、大学院留学をすると週に12時間クラスで学びます。
二年間大学院に通学すると4学期通うことになるため、48単位学習します。
勿論これはあくまで目安であり、3学期で終了することも可能ですしもっと長く5学期で終わらせたりすることも出来ます。
48くらいなら無理をしないで卒業出来ますが、50から60もなると2年間での卒業は難しく、留学生が1学期に履修しないといけない最低数も決まってます。
これは9ですがこれより少ないと留学生としてのステータスも剥奪されて学生ピザも破棄されるので注意が必要です。
このことから、卒業までの期間はクラスの数に依存することがわかり、修士論文は課さないコースが殆どで指定された数を履修した時点で修士号が授与されます。

休学してアメリカに大学院留学することは可能か

休学してアメリカに大学院留学することは可能か 日本の大学院は通常2年間通うことになっていますが、修士論文を執筆するために3年間通う人もいます。
大学院自体は最大4年間まで通うことができます。
アメリカに大学院留学をしたい場合、休学は2年まで認められます。
日本の大学院1年目に休学した場合、アメリカには最長2年間の大学院留学することができます。
日本と海外の大学では学期始まりが違うので、留学をするのであれば大学院1年目の9月からが多いでしょう。
日本に帰国して復学後、修士論文を執筆して院を修了するということになります。
米国に2年留学する場合、復学して修士論文を執筆する時間は1年~1年半なので(留学する時期によって期間は変わります)、論文のために留年することができないという点は覚えておいたほうがいいでしょう。
もちろん留学の目的も修士論文の研究と執筆を兼ねているのであれば、そこまで心配しなくても大丈夫です。
大学院修了後、就職するつもりがあるのであれば、帰国後の就職活動のことも考慮しながら計画的に論文を執筆することは言うまでもありません。