アメリカの大学院留学の学期制とは

アメリカの大学院留学の学期制とは

アメリカの大学院留学の学期制とは アメリカの大学院の多くは9月から12月まで(Fall Semester)と、1月から5月まで(Spring Semester)による、2学期制(セメスター制)を採用しています。
その他には少数ですが1年を3期(トライメスター制)とする大学院や、4期(クオーター制)とする大学院もあるようです。
日本の大学院は4月にスタートしますが、海外の大学院は9月にスタートすることが大半であることが、日本との大きな違いとなっています。日本の大学を3月に卒業したからといって、4月から大学院留学を始めることはできないのです。
新しい学期が始まる9月になるのを待って、大学院留学を始めることになります。
4月から9月までの期間については、留学のための準備期間とすることをおすすめします。海外留学のサービスを提供する進学センターの多くでは、語学を中心とした大学院留学対策講座を開講しており、これを受講することで留学の準備を効率的に進めることができます。

アメリカ大学院留学するとしたら学期希望することは可能か

アメリカ大学院留学するとしたら学期希望することは可能か アメリカの大学院に留学したいと考えている人にとって、特定の学期から希望して留学をしたいと考えている人は少なくはありません。特に大学院を卒業した場合に日本での就職活動を考えている方にとっては、自分がこのタイミングで大学院留学をしたいと思うでしょう。
大学院留学と言っても様々です。多くの学校は9月から始まります。一部プログラムによっては8月末から始まる学校もあります。9月~12月の秋のセメスター、1月~5月までの春のセメスターから成る2セメスター制をしいているところが学校が多く、一般的です。
そのため、結論として日本の大学のように4月から進学をしたいと考えることはできないと言うのが現状です。
大学に短期留学であれば時期を問わず募集している学校は多いと思いますが、大学院の場合は短期留学と言ったものがそれほどなく専門的に学問を学ぶ場所であることから、アメリカでの大学院進学に関しての時期には注意が必要です。