分野選択について

分野選択について

分野選択について アメリカで大学院留学をしたいと考えている方にとって、どの分野を深く学ぼうか悩むのではないでしょうか。
理系であれば、今までの大学時代の延長線上として専門的な分野について学びたいと考える傾向にありますが、文系であれば新しい学問や触れたことのないものを知りたい、学びたいと考えている人は多いです。
そこで、まず自分や大学院を卒業してどのようなキャリアを形成していきたいのか考えることから始めましょう。
例えば、外資系の金融機関で働きたいという夢があるのなら、大学院では経済やマーケティングなどが専門的に学べる学校やコースを選択すると良いでしょう。
さらに、大学院ごとに同じような学問を学べるとしても設備や充実度合いや、校風、外国人留学生の比率なども異なっていることから事前に基本となる情報を入手することが大切です。
可能であれば、受験前にキャンパスを下見することで大学院留学のシミュレーションをすることをおすすめします。

大学院留学にはアメリカでの進学がお勧めです

大学院留学にはアメリカでの進学がお勧めです 日本国内の大学を卒業してから海外へ大学院留学したいと思っている人は少なくありません。
そんな人はアメリカでの進学が最適だと言えます。そこは大学院課程が2000以上の課程があり、多くの中から自分の専門が選べるのは魅力です。
アメリカの大学院は学術系大学院と専門職系大学院とに分かれます。
前者は経済学、社会学などの主に学術系の教育を行うもので、後者は法律や医学など卒業後の就職に結びつく技術や知識を学ぶことが目的です。
大学院留学にかかる費用は、1年間で約200万円から600万円ほどかかりますが、私立や州立或いは学校によっても異なります。
またそこの試験は大学の成績や英語のテストスコア、入学適性試験、エッセイ、推薦状などの総合評価で決定されます
。英語のテストであるTOEFLのスコアですが、TOEFLiBT80~100前後は必要です。
各学校によって試験内容が異なるので、進学を希望するなら早めに情報を収集しておくことが必要です。